Menu

Category

Archive

logo


Git コマンド集

2013-12-08 00:00:00 +0900
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Herokuにデプロイするしか git を活用したことがなかったのですが、最近チームで開発する機会にちょくちょく恵まれ、git にてプロジェクトを複数人で管理する必要が出てきました。そこで、しっかり git を勉強しようとドットインストールの git 講座を視聴しました。下記はその Heroku へデプロイするだけではあまり知らなかった git のコマンド集です。

git コマンド集 by ドットインストール

gitをアウトプットをカラーリング

1 git config global color.ui true

ログにどこが変更されたか表示する

1 git log -p
2 git log --stat

修正したが、ステージングエリアにあげていないファイルの差分チェック

1 git diff

修正したが、ステージングエリアにあげていないファイルを元に戻す

1 git checkout  fileName

修正し、ステージングエリアにあげたものファイルの差分チェック

1 git diff cached

スペルミス等のコミットとしてあげるほどでもない場合、ステージングエリアに修正ファイルをあげた後にこのコマンドを実行すると、同じコミットとして処理してくれる。

1 git commit amend

HEADは直前のコミット。直前のコミットをなかったことにしてくれる。

1 git reset --hard HEAD

そのコミットIDまで戻る。コミットIDは git status で確認

1 git reset --hard CommitID

ブランチの削除

1 git branch -d (branch name)

たくさんコミットをしていく中で、あるコミットだけに目印のようなものを付けたい時に活用する。

1 git tag

coというエイリアスを作成

1 git config global alias.co checkout

エイリアス等の設定一覧を表示

1 git config -l

共有リポジトリを作成する時の初期オプション。またリポジトリ名は .git と付けるのが通例。

1 git init bare

originという名前で共有リポジトリを設定する

1 git remote add origin (repos location)

誰かが作った共有レポジトリを他者がその他者のローカルに複製する

1 git clone