Menu

Category

Archive

logo


Jekyll で使えるツイートを埋め込む Liquid タグを作成しました

2014-05-07 21:30:00 +0900
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

This article might be too old.

今回は Jekyll で使用できるように、新しい Liquid タグを作成しました。ブログの記事等でよく見る、Twitter のつぶやきを記事内に埋め込むタグです。使い方は、公式の Jekyll がサポートしている Gist を埋め込むタグとほとんど同じです。

{\% tweet 464180168303456256 \%}

のバックスラッシュを除き、ツイートIDを引数に取ると Twitter からツイート情報を JSON で受け取り、その html のデータを返します。こんな感じになります。

コードはこんな感じです。

 1 # Tweet Liquid Tag
 2 #
 3 # Example: 
 4 #   \{\% tweet 464180168303456256 \%\}
 5 #
 6 
 7 require 'net/http'
 8 require 'json'
 9 
10 module Jekyll
11   class TweetTag < Liquid::Tag
12 
13     #
14     #
15     #
16     def render(context)
17       
18       if tag_contents = determine_arguments(@markup.strip)
19         tweet_id = tag_contents #
20         tweet_script_tag(tweet_id)
21       else
22         raise ArgumentError.new <<-eos
23            Syntax error
24           eos
25       end
26 
27     end
28 
29    private
30 
31    #
32    # 
33    #
34    def determine_arguments(input)
35 
36     return input
37 
38    end
39 
40    #
41    #
42    #
43    def tweet_script_tag(tweet_id)
44 
45       result = Net::HTTP.get(URI.parse("https://api.twitter.com/1/statuses/oembed.json?id=#{tweet_id}"))
46       json   = JSON.parser.new(result)
47       hash   = json.parse()
48       parsed = hash['html']
49 
50       return parsed     
51 
52    end
53 
54   end
55 end
56 
57 Liquid::Template.register_tag('tweet', Jekyll::TweetTag)

正直、Twitter が生成してくれるコードを埋め込んだ方が早いですねw

https://github.com/kzykbys/JekyllPlugins/blob/master/tweet.rb