Menu

Category

Archive

logo


定数をまとめる [ iOS 開発 ]

2014-01-02 00:00:00 +0900
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UserDefault のキーや デバイス情報、データの参照先の URL等、iOS開発をしていると何度も使用する定数があると思います。それらを一つのファイルにまとめ、プロジェクトのどこからでも参照することができるようにします。

まずは、定数をまとめるヘッダーファイルの作成です。下記の画像のように " C and C++ " という項目から " Header File " を選びます。

作成したファイルに定数を書き出します。例えばこのような感じですね。

1 // constantVariable.h
2 #ifndef Menu_constantVariable_h
3 #define Menu_constantVariable_h
4  
5 // URL
6 #define kDataSource @"blabla"
7  
8 #endif

そして、次にこの定数がまとめられたヘッダーファイルをインクルードするという設定です。各々、これらの定数が必要なファイルでインクルードしてもよいのですが、少し面倒です。" Supporting Files " の中にある、*-Prefix.pch というファイルでインクルードしておくと、自動的に全てのファイルでインクルードされているので、いつでもどこでも定義した定数を使用することができ便利です。

1 #ifdef __OBJC__
2     #import <UIKit/UIKit.h>
3     #import <Foundation/Foundation.t>
4     #import "constantVariable.h"
5 #endif